代表プロフィール紹介

代表取締役社長 久保田明史

久保田 明史 代表取締役社長

起業、そしてIT事業での成功
1965年静岡県生まれ。九州大学卒業後、株式会社神戸製鋼所に入社。海外・国内営業を経験後、IT企業にてマーケティング業務に携わり最前線で事業拡大に貢献する傍ら、先の起業を念頭に中小企業診断士の資格を取得。1997年、31歳に独立、国内初の本格EC(ネット通販)サイトのASPである株式会社リンクマネージを設立。会社は順調に成長し、2年後の1999年にはIBM(米)から優れたベンチャー企業としてアジアで4社目、日本では1000社の中から1社に選出され注目を集めた。

人生を変えた家族の病
順風満帆に思えた39歳の時、父が肺がん、母は原因不明の病に冒された。そして子供も病気にかかるということが立て続けに起きた。子供の病気は西洋医学では治らないと言われた。「可能性がある限り諦めない。医者が治らないと言っても必ず救ってみせる。」その一心で病気について必死に調べた。そして東洋、西洋あらゆる治療方法を探していく中で、自然と医療にも詳しくなる。同時期に会社経営は多忙を極め、自身の身体も壊すことになり、保有する自社株を東証一部上場企業へ譲渡する。 そして、あきらめずに様々な治療を行った結果、治らないと言われた子供の病気は完治した。

整骨院事業への転進~新たな医療への挑戦
健康であることの重要性を痛感したことがきっかけとなり、「人を健康に、幸せにする事業を始めよう!」と決意。病に冒される前、つまり未病の治癒こそ健康的で幸せな人生を過ごすために必要と考えた。そして模索した結果、整骨院事業への大きな可能性を見出し、2006年スマイルアンドサンキュー株式会社を設立。

働く環境の変革
設立すると、整骨院業界の厳しい労働環境を知る。休みは週1日あるか無いか、社会保険は未加入、国家資格を持って入社してもその後の教育環境が整っておらず独学で学ぶしかない・・。業界ではこのような状況は珍しくなかった。「これでは社員は幸せになれない。ましてや患者様に安心・満足・感動の治療を提供することは出来ない。」そう強く感じた。
そして「社員一人ひとりが安心して働ける福利厚生の充実」「一流の医療家になるための育成環境の整備」「社員同士が共に高め合い、支えあう温かい組織づくり」これらを実現することを決意し、当時業界ではまだ珍しかった週休二日制の導入や各種社会保険の完備、新入社員の2ヵ月研修、階層別勉強会など、業界としては異例ともいえる取り組みをはじめた。その他にもユニークな待遇として“近所に住む手当”や、タブレット端末「iPad」の配布など、社員が今必要としていることを見極め柔軟かつ迅速に実行した。
社員は会社の大切な財産である。だからこそ、働きやすい環境を用意し、一流の技術、接遇が身につくよう真剣に取り組んでいる。結果として、それが多くの患者様に安心・満足・感動の治療を提供できる社員を送り出し、地域一番の治療院へとつながるのだ。そう信じ、常識にとらわれることなく、働く環境の改革を現在も続けている。

新たな医療への挑戦
2013年、これからの医療の在り方を学び、国民の健康増進に貢献すべく、慶應義塾大学大学院に入学。健康マネジメント研究科医療マネジメント専修にて医療、介護などの在り方を構想し、合理的なマネジメントの実施に関する知識・技能を備えた研究を開始する。
「日本一、患者様が集まる治療院」そして「日本一、社員が幸せな会社」を目指し、これからも挑戦は続く。

経歴

平成元年3月 九州大学経済学部経済工学科卒業
平成元年4月 株式会社 神戸製鋼所 入社
同社にて世界各国向けに銅合金板条の海外営業、国内空調機メーカー向け営業を担当
平成5年9月 プレクスター株式会社 入社
CD-ROMドライブの欧米現地法人への輸出、業務支援を担当
平成9年2月 有限会社リンクマネージ設立
国内初のECのASPとして注目を浴びる
平成11年4月 株式会社リンクマネージへ組織変更 外部資本も入れ、順調に成長
IBM(米)から優れたベンチャー企業としてアジアで4社目、日本で1社選出される
平成18年8月 スマイルアンドサンキュー株式会社設立
日本一患者さんが集まる整骨院を目指して奮闘中!
平成25年4月 慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科にて勉強開始

資格等

  • 認定登録 医業経営コンサルタント
  • 通商産業大臣登録 中小企業診断士(商業部門) 平成6年度登録
  • EOY(Entrepreneur of the Year) JAPAN 2001(日本起業家大賞) ファイナリスト
*EOY=Entrepreneur of the Yearとは、新たな事業領域に挑戦する起業家の努力と功績を称える国際的な表彰制度です。活躍する起業家の姿をロールモデルとして紹介し、後に続くアントレプレナーの輩出を支援するため、グローバルな活動を続けています。日本では、2001年よりEOY JAPANとしてスタートし、全国から選ばれた素晴らしい起業家を毎年多数紹介しています。(ホームページから抜粋) http://www.shinnihon.or.jp/eoy/