先輩社員の声 Vol.004

先輩社員の声 若狭和人院長

入社までのストーリー

もともと舞台やダンス、声優の仕事をしておりました。そういった中で自分もよく怪我をしていたため、整骨院は身近な存在であり、良き相談先でもありました。しかし、20代後半で大きな怪我をしてしまい舞台に立ち続けることができなくなってしまいました。
第二の人生を考える時に通っていた整骨院の先生を思い出し、もともと人と接することが好きだったこともありますが、今度は夢に向かって頑張っている方、日常生活で痛みや違和感により困っている方をサポートさせて頂きたいと思い、柔道整復師の道を選びました。
スマイルアンドサンキュー入社以前にも整骨院に勤務しておりましたが、ある方の紹介で面接を受けさせていただき、会社の方向性や価値観に強く共感し入社を決意致しました。

当社を選んだ3つの理由
  • 1)会社の理念、価値観に共感したため(多くの患者さんを幸せにしたいという思い)
  • 2)見学に行った際、帰り際の患者さんの笑顔が素敵だったため
  • 3)自分の家庭、家族をも大切に考えて頂ける会社だと感じられたため

入社して感じたこと

若狭院長 治療説明以前働いていた整骨院は15分くらいのマッサージがメインで、辛いところを気持ちよくするだけで治療とは違ったものでした。
しかし、スマイルアンドサンキューでは、院長、スタッフ、そして患者様との距離がとても近く、こちらの意見を押し付けるような一方的な治療ではなく、患者様のライフスタイルに合わせて治療をし、「根治」を目指しているということを強く感じました。
そして、入社前に見学をした時にも感じたのですが、治療後の患者さんの表情がとても素敵で、会社全体がこの笑顔のために全力で努力をしているんだなと思いました。
月に一度の全社員が参加する全社研修でも、治療技術だけでなく座学での研修等を通し、医療家としての心構え、そして何よりも人間力を高める勉強をしております。まだまだ力不足ではありますが、多くの仲間と切磋琢磨し、成長できる環境があります。

整骨院の仕事をしていて楽しいこと

とても辛そうに来院された患者様が、帰り際に笑顔で「あぁ…楽になった」と仰った時には、安心すると共にとても嬉しいし楽しい瞬間です。
また、スタッフ間で治療の練習や、通っていただいている患者様の症状に対しての相談や話し合いをする時間もとても有意義で楽しいです。

これまでで一番うれしかったこと

若狭院長 治療風景 ある中学生の患者様が「足の痛みで好きだったダンスも辞めた。何もしたくないし、とりあえず痛みが少し和らげばそれでいい」と言って、大変落ち込んだ様子で来院されました。
その後の治療によって症状も緩和し、後日その患者様から「運動会で痛みなく走れました。ダンス以外の事でも、やってみたい事がいろいろできました。ありがとうございました!」と報告していただいた時は、本当にうれしかったです。このことを全社員に向けて報告したした時には、思わず感極まってしまいました。
あとは…三茶しゃれなあど整骨院の院長になれたことです!

これまでで一番辛かったこと

あまり辛いと感じたことはありません。
何かあっても、相談できる仲間や先輩、本部のスタッフがいるため、患者様の為に前向きに頑張れるからだと思います。

全く違う道から柔整師になり、中途入社から1年9ヶ月のスピードで院長になれた秘訣は?

若狭院長 ガッツポーズ 先輩や上司、時には後輩にあたるスタッフでも、アドバイスや指摘して頂いた事を素直に受け止めて、感謝をしながら、自分なりに改善していく事が大事ではないかと思います。
なにより、『患者様の為に今の自分ができる事』を常に意識しています。

今後、目指すもの

体についてお悩みや困った事があった時に「そうだ、三茶しゃれなあど整骨院に相談してみよう」と思って頂ける院づくりをしていきたいと思います。

就職、転職を考えている人へのメッセージ

当社は自分が頑張れば頑張った分だけ成長できるし、それを支えてくれる仲間が多くいる会社です。
「治療」をする上では技術だけでなく、人間力も必要です。そういった部分の成長も必ず出来ますので「患者様のために何かしたい」と思っている方は、是非一緒に一流の医療家を目指しましょう。