NOW LOADING

2022新卒積極採用中 募集要項はこちら

スマサンストーリー EPISOUDE.01

スタートラインに
立った日

高校時代は陸上部。
インターハイにも出場した。
最後の大会直前に股関節をケガ。
あらゆる医療機関を訪ねたが、
間に合わなかった。
心に穴が空いた。

人並みに受験勉強した。
でも大学には受からなかった。
選んだのは柔道整復術の医療専門学校。
「自分と同じような人を救いたい。」
国家資格を取り、整骨院で働き出した。
いつも自問していた。
あの時の自分を治せるだろうか。
力が足りない。失望感。
転職を繰り返した。

求人誌を開いた先にあったのが、
スマイルアンドサンキューだった。
ここでダメだったらもうあきらめよう。
そう覚悟して入社した。

高校時代は陸上部。
インターハイにも出場した。
最後の大会直前に股関節をケガ。
あらゆる医療機関を訪ねたが、
間に合わなかった。
心に穴が空いた。

人並みに受験勉強した。
でも大学には受からなかった。
選んだのは柔道整復術の医療専門学校。
「自分と同じような人を救いたい。」
国家資格を取り、整骨院で働き出した。
いつも自問していた。
あの時の自分を治せるだろうか。
力が足りない。失望感。
転職を繰り返した。

求人誌を開いた先にあったのが、
スマイルアンドサンキューだった。
ここでダメだったらもうあきらめよう。
そう覚悟して入社した。

高校時代は陸上部。
インターハイにも出場した。
最後の大会直前に股関節をケガ。
あらゆる医療機関を訪ねたが、
間に合わなかった。
心に穴が空いた。

人並みに受験勉強した。
でも大学には受からなかった。
選んだのは柔道整復術の医療専門学校。
「自分と同じような人を救いたい。」
国家資格を取り、整骨院で働き出した。
いつも自問していた。
あの時の自分を治せるだろうか。
力が足りない。失望感。
転職を繰り返した。

求人誌を開いた先にあったのが、
スマイルアンドサンキューだった。
ここでダメだったらもうあきらめよう。
そう覚悟して入社した。

「もうダメかな」
と呟いた彼が、
3カ月後に
自転車を再開した。
その患者は、
ここで人生を取り戻した。

3年目に院長になった頃、
ある患者様と出会った。
趣味の自転車で足を痛めたと言う。
ふくらはぎが完全に麻痺している。
「もうダメなのかな。」
彼のその呟きに、言葉が口をついた。
「あきらめないでください。
僕が治療しますから。」

毎日来院してもらった。
3ヶ月ほどで、
杖なしでも歩けるようになった。
ある日、いつもの明るい彼が真顔で言った。
「俺、また自転車やる。
院長に人生を取り戻してもらったから。」
笑ってごまかしたのに涙がこぼれた。

3年目に院長になった頃、
ある患者様と出会った。
趣味の自転車で足を痛めたと言う。
ふくらはぎが完全に麻痺している。
「もうダメなのかな。」
彼のその呟きに、言葉が口をついた。
「あきらめないでください。
僕が治療しますから。」

毎日来院してもらった。
3ヶ月ほどで、
杖なしでも歩けるようになった。
ある日、
いつもの明るい彼が真顔で言った。

「俺、また自転車やる。
院長に人生を
取り戻してもらったから。」

笑ってごまかしたのに涙がこぼれた。

この日、
やっとスタートラインに
立てた気がした。

スマサンストーリー

一人ひとりの志を通じて、本物の医療家集団を目指すスマイルアンドサンキューのストーリーを紹介します。

INSTAGRAM

その他のスマサンストーリーも
公式インスタグラムでぞくぞく紹介中!

Instagramを見る